Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局

国土交通省九州運輸局において、自動車継続検査に関わる申請書や添付書類を誤って廃棄していたことがわかった。

同局が管轄する福岡や長崎、宮崎、鹿児島など各支局の5事務所において、継続検査申請書類や限定検査証、自動車重量税納付書など、あわせて21ファイル214万2531件の書類を誤って廃棄していたことが判明したもの。

保存期間は満了しているものの、行政文書ファイル管理簿への登録を行っておらず、内閣府より廃棄の同意を得ていなかった。文書管理担当者の行政文書に関する規定の習熟度が低かったことが原因としている。

これら文書は、委託業者により、溶解や焼却により処分されたことを確認しており、個人情報の外部流出については否定。業務への影響もなく、申請者に不利益や損害なども発生しないとしている。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部