Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AMEXのフィッシング攻撃に注意 - 「異なる端末でアクセス確認」とだます手口

アメリカン・エキスプレスを装うフィッシング攻撃が確認されているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

同協議会によれば、問題のフィッシングメールでは、アカウントにおいて異なる端末からのアクセスが確認されたなどと説明。セキュリティの強化や再開手続きなどを口実に偽サイトへ誘導していた。

複数の件名やURLが用いられており、誘導先の偽サイトでは、ユーザー名、パスワード、セキュリティコードを含むクレジットカード情報、暗証番号などをだまし取る。

4月7日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新