Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割

2019年第4四半期におけるクレジットカードの不正使用被害額は、68億8000万円だった。クレジットカード番号の盗用被害が8割超を占める。

20200402_jc_001.jpg
クレジットカードの被害額(グラフ:日クレ協の発表をもとに独自に作成)

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に銀行系、信販会社、流通系のクレジットカード事業者、中小の小売団体など、クレジットカード発行事業者44社を対象に不正使用被害の状況を調査、取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は68億8000万円。前四半期から8000万円の増加となった。2018年第4四半期以降、60億円台後半で推移している。被害額の内訳を見ると、番号盗用被害が55億9000万円で全体の81.3%を占めた。2018年第4四半期以降、80%を超える状況が続く。

番号盗用被害を国内外別に見ると、国内が35億1000万円で、海外が20億8000万円だった。国内の割合は、前四半期の68.4%から5.6ポイント減となる62.8%。依然6割超を占めるが、73.4%と高い割合を示した2018年第4四半期以降、減少傾向が続いている。

一方、偽造カード被害は4億5000万円で、前四半期から1000万円減。国内の被害額が1億3000万円で前四半期から横ばい。海外の被害額は3億2000万円で、前四半期と同じく海外の割合が7割を超えている。

(Security NEXT - 2020/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず