Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合

同社は22時57分に同サイトをメンテナンスモードに切り替え、サービスを停止。ベンダーからの連絡で、本来キャッシュすべきではない情報をキャッシュしていることが明らかとなった。

その後キャッシュの設定を見直し、翌17日8時半ごろよりサイトを再開したものの、再度顧客より指摘があり、同様の問題が発覚。翌17日8時25分から21時8分にかけても異なる会員情報が閲覧できる状態となっていた。

同社では、再度メンテナンスモードに切り替えて、外部事業者をまじえて詳しい原因や影響の範囲を調べている。また同サイトについては、対策を実施し、安全性が確認できるまでサービスを停止する方針。

また不具合が発生した時間帯に決済を行った顧客を調べており、個別に確認の連絡を取るという。

(Security NEXT - 2020/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる