Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン

ソリトンシステムズは、自治体などが利用するインターネット分離環境において、ファイルの受け渡し機能を提供するアプライアンス「FileZen S」を4月1日より提供開始する。

同製品は、異なるネットワーク間でシンプルな操作によりファイルを受け渡しできるアプライアンス。送信先など入力することなく、ファイルのドラッグ&ドロップ操作により利用者の分離環境間でファイルの受け渡しが行える。

またファイルから悪意あるコードなどを除去するVotiroやOPSWATの製品と連携することが可能。証明書認証や上長による承認、ログ管理、マルウェア対策機能なども搭載している。

価格はベースとなるアプライアンスが88万円。ユーザーライセンスが100ユーザー導入で年額4万円から。今後3年間で3000台の導入を目指して製品を展開していく。

(Security NEXT - 2020/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
IPA、セキュ教育用教材を公開 - 指導者向けeラーニングも
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
JPCERT/CC、「Emotet」感染チェックツール「EmoCheck」を公開
「APIセキュ診断」に設計面からレビューする新メニュー
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
コンテナ管理に特化したセキュ診断サービス - NRIセキュア
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール