Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金

浜松いわた信用金庫は、休眠口座の印鑑届が所在不明になっていることを明らかにした。

同金庫によれば、2019年4月に伝馬町支店において、1971年度から1983年度にかけて休眠預金として管理を開始した口座の印鑑届1191件が、所在不明になっていることが判明したもの。氏名や住所、口座番号、印影などが記載されている。

休眠口座の解約依頼を受け、印鑑届の抽出作業を行った際に紛失が発覚。内部調査を行ったところ、1191件の紛失が判明した。同金庫では、不要書類と一緒に誤って廃棄した可能性があると説明。紛失した書類に関する問い合わせなどは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀