Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県

従来、判定士登録者への連絡には電話を用いており、より迅速に対応できるようメールの活用を試行。各判定士登録者のメールアドレスが共有されないよう、同報配信にメーリングリストを用いたが、機能や設定など十分理解しないまま利用してしまったという。

同県では、訓練中止の連絡と謝罪をメールで行い、誤送信したメールの削除を依頼。メーリングリストを削除した。今後、メーリングリストの登録者全員に対し電話で謝罪し、削除状況を確認するとしている。

今回の問題を受け、今後再発の防止のため、同県ではメーリングリストを原則使用しないという。またやむを得ず使用する場合は、設定を複数で確認し、送信テストを行った上で、使用するとしている。

(Security NEXT - 2020/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
GWの緊急連絡先確認メールで送信ミス - 学習塾
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
メール送信ミスで顧客メアド流出 - 大成建設ハウジング
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など
設定ミスで患者情報をメールで誤送信 - 都内クリニック