Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベントの中止案内メールを誤送信 - 日本財団

日本財団は、イベントの中止を通知するメールにおいて送信ミスがあり、イベント申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同法人によれば、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国立ハンセン病資料館で開催を予定していたトークイベントの中止を決定。

2月28日にイベント申込者131人へ中止を案内するメールを送信したが、送信先を宛先に入力したため、受信者間でメールアドレスが表示される状態となった。

同法人では、関係者に対して事態を報告し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市
有識者会議の資料送付メールで誤送信 - 内閣官房
ガイダンス中止の通知でメール送信ミス - 専修大
留学生や提携校担当者宛のメールで送信ミス - 国際教養大
記念樹希望者宛メールで誤送信、直後にも再度ミス - 熊本市
地域限定クーポンのプレゼント企画で応募者情報が流出 - 南房総市
企業説明会の中止連絡でメール送信ミス - 兵庫県立大