Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナで講演会中止、案内メールを送信ミス - 台東区

東京都台東区は、講演会の開催中止を通知するメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同区によれば、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、3月15日に開催予定だった講演会「江戸から学ぶ」の中止を通知するメールを2月27日に送信したところ、操作ミスが発生したもの。講演会に当選した43人分のメールアドレスが、受信者間で閲覧できる状態となった。

送信作業中に職員がミスに気が付き、対象となる当選者にメールで謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
メール誤送信で大阪府港湾協会会員のメアド流出 - 大阪府
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大