Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超

これまで、誘導先として「佐川急便」「日本郵便」「ヤマト運輸」を偽装するケースが確認されており、1月末時点では「佐川急便」「日本郵便」を装うケースが目立った。

「Android」よりアクセスした場合は、不正なアプリをインストールさせようとする一方、iOSではフィッシングにより、情報の詐取を試みるなど、受信者の環境に応じて攻撃を使いわけており、同機構では、これまで確認されている手口や対策、被害が生じた場合の影響などを解説。利用環境に則した対策を呼びかけている。

20200220_ip_002.jpg
画面の遷移例など手口のほか、影響、対策などを解説している(図:IPA)

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
スマホ狙う「Roaming Mantis」、新型コロナ便乗も
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも