Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性

エクストランが提供するネットワークカメラ向けスマートフォンアプリ「ilbo」に、他利用者の映像を閲覧可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。

同ソフトは、リモートより移動式のネットワークカメラ「ilbo」を操作し、画像を閲覧できるスマートフォン向けアプリ。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリに認証不備の脆弱性「CVE-2020-5532」が含まれていることが明らかとなったという。

同脆弱性により、ログインできるユーザーによって、他ユーザーが使用する機器の映像を閲覧されるおそれがある。Android版、iOS版のいずれも影響を受ける。

同社はAndroid向けに「同1.1.8」、iOS向けに「同1.2.0」をリリース。セキュリティ機関では、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究