Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、すみやかな報告呼びかけ - 未確定でも前広に

個人情報保護委員会は、個人情報流出時における同委員会への報告について、不正アクセスなど重大な影響が懸念される場合、すみやかに実施するようあらためて呼びかけた。

従来より個人情報が漏洩した場合は、同委員会へすみやかに報告することが努力義務となっているが、特に不正アクセスなど大量の情報が流出したおそれがあり、重大な影響が懸念される場合について、すみやかに報告するようあらためて求めた。

また情報が流出しているか確定していない場合や、影響の判断に迷う場合についても、前もってすみやかに同委員会へ報告することを求めている。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
不要個人データ、流出防止のためにも消去を - 個情委が注意喚起
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」がスタート
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金