Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバに不正アクセス - 埼玉県下水道公社

埼玉県下水道公社のメールサーバが不正アクセスを受け、第三者よって不特定多数にメールが送信されていることがわかった。

同法人によれば、業務用のメールサーバが不正アクセスを受け、1月30日11時ごろより、同サーバのドメイン「saitama-swg.or.jp」から不特定多数に対してメールが送信されたという。

送信時のメールアドレスには「postmaster@saitama-swg.or.jp」が利用されていた。

同法人のドメインより身に覚えのないメールを受信した場合は、開封せず削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化