Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇

情報処理推進機構(IPA)は、2019年において、社会的な影響が大きかったセキュリティ上の脅威を「情報セキュリティ10大脅威2020」として取りまとめ、発表した。

同ランキングは、セキュリティ分野の研究者や企業の実務担当者140人の投票によって毎年選出、決定しているもので、「個人」と「組織」にわけて上位10項目を挙げている。

組織における脅威としては、前年と変わらず「標的型攻撃による被害」がトップ。神奈川県のデータを含むハードディスクが廃棄事業者の従業員によって不正に売却された問題なども受けて「内部不正による情報漏洩」が順位を上げ、2番目に続いた。

「ビジネスメール詐欺による被害」「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」「ランサムウェアによる被害」なども引き続き上位に位置している。

目立って順位が上昇したのが、「予期せぬIT基盤の障害にともなう業務停止」。前年は圏外となる16位だったが、今回6位となった。2014年以降、6年間圏外だったが、自然災害や大手クラウドベンダーにおけるサービス停止などの発生などを受けて大きく順位を上げた。

(Security NEXT - 2020/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、情報セキュリティ10大脅威の簡易説明資料を公開
「パスワード 呟きながら 打つ上司」 - セキュ川柳コンテスト
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
10大脅威の影響や対策は? - IPAが解説資料を公開
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」