Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%

実施しているサイバー攻撃対策でもっとも多かったのは、「OSやソフトウェアの脆弱性管理、ウイルス対策ソフトの導入」で52.4%。「データの保護(19.0%)」「アクセス権限、ログ管理および制御(18.8%)」「社員教育(15.9%)」と続く。

「セキュリティポリシーや事故対応マニュアルの策定」は10.5%で「リスクアセスメントの実施」は4.7%だった。また24.0%は対策をしていないと回答した。

また優先度の高い経営課題を3つまで選んでもらったところ、「サイバーリスクへの対応」はわずか1.6%だった。自社がサイバー攻撃の対象となる可能性はどの程度あると考えているか聞いたところ、「高い」「やや高い」と答えた経営者は6.2%だった。

サイバー攻撃の被害について、「十分イメージできている」「ややイメージできている」は49.4%と半数に届かず、「あまりイメージできていない」「まったくイメージできていない」が29.7%と3割に届いていない。サイバー保険に加入している企業は6.9%だった。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も