Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言

総務省は、2020年東京オリンピック、パラリンピック大会に向けて早急に取り組むべきセキュリティ対策について取りまとめ、緊急提言として発表した。

総務省が開催する「サイバーセキュリティタスクフォース」において、「我が国のサイバーセキュリティ強化に向け速やかに取り組むべき事項 」を緊急提言として取りまとめたもの。

同タスクフォースでは、サイバーセキュリティに関する課題や方策について、短期的な視点と中期的な視点にわけて議論を進めているが、2020年に開催されるオリンピック、パラリンピックに向けてすみやかに実行すべき対策を取りまとめた。

具体的な施策として、IoTセキュリティ対策の拡充や、地方公共団体向け実践的サイバー防御演習(CYDER)の繰り上げ実施、サイバーセキュリティに関する情報共有体制の強化、公衆無線LANのセキュリティ対策、制度的枠組みの改善を挙げ、背景や課題、実施すべき対策を示している。

(Security NEXT - 2020/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集