Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都内でフィッシングの動向や改訂GLの報告会 - フィ対協

フィッシング対策協議会は、3月2日に「フィッシング対策協議会 技術・制度検討WG報告会」を都内で開催する。

同イベントは、フィッシング攻撃や対策技術などの動向や、「フィッシング対策ガイドライン」の改定内容などを紹介する報告会。

フィッシング対策ガイドラインを活用してフィッシング対策に取り組む組織の担当者などを対象としており、フィッシング対策協議会の非会員も参加できる。

会場は永田町の三菱総合研究所で、参加料金は無料。定員は65人で先着順で受け付ける。1組織2人まで。同報告会の詳細や申し込みは、同協議会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
フィッシング対策協議会、3月の報告会を中止 - コロナ感染拡大で
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加