Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信

スマートデバイスに感染するバンキング型トロイの木馬「Faketoken」に、悪意あるSMSを一斉送信する機能が追加された。SMSは海外へ送信されており、デバイス所有者に身に覚えのない送信料金が請求されるおそれもある。

「Faketoken」はAndroid端末上でSMSを監視し、オンラインバンキングのワンタイムパスワードをなどを窃取することで知られるマルウェア。

少なくとも2014年ころより活動が確認されており、その後は正規アプリ上に偽ウィンドウを重ねて表示し、ログインIDやパスワード、銀行の口座情報を窃取するバンキング型トロイの木馬として活動するほか、画面をロックしてファイルを暗号化するランサムウェアなどの機能も追加されている。

Kasperskyによれば、同マルウェアにSMSの一斉送信機能が追加された。悪意あるアプリをダウンロードさせるため、SMSを送信するスマートデバイス向けのマルウェアはこれまでも多数見つかっているが、バンキングトロジャンにSMSの一斉送信機能が追加されるケースは珍しいという。

同社は「Faketoken」に感染した約5000台のデバイスより、悪意あるSMSが送信されたことを観測。多くは海外の電話番号が宛先となっていた。海外宛のSMSは通常より料金が高く設定されていることも多く、これら料金が端末所有者に請求されるおそれがある。

同社によるとSMSを送信する攻撃キャンペーンを確認したのは1回のみで、同様の攻撃が今後増加するかは不透明だが、同マルウェアの活動に引き続き注意が必要だと指摘している。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘