Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グループ会社で「Emotet」感染、なりすましメールが送信 - シナネン

シナネンは、グループ会社においてパソコンがマルウェアに感染し、同社やグループ会社になりすましたメールが社内外に送信されていることを明らかにした。

同社によれば、12月16日午後、グループ会社の事務処理用パソコンでメールの添付ファイルを通じてマルウェア「Emotet」に感染したもの。同日夕方、同社のなりすましメールを社内で確認した。取引先から受信の報告を受けたという。

同社やグループ会社の複数の端末で同様のメールを受信していたことが翌日に判明。問題の添付ファイルを開封した端末の隔離作業を進めている。

問題のなりすましメールは、「請求書送付のお願い」「賞与支給届」「勤怠データの件」など業務を装った件名で送信されており、添付ファイルやメール中のURLの開封を促していた。

同社は被害状況について調査を進めており、判明次第報告する予定。送信元のメールアドレスは、同社以外のものが利用されており、なりすましと見られるメールを受け取った場合は、添付ファイルやURLを開かないよう求めている。

(Security NEXT - 2019/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
首都大教員PCがマルウェア感染 - 実在企業名乗るメールで
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター