Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Win 7」「WS 2008」サポート終了まで1カ月切る - 移行漏れないよう確認を

「Windows 7」と「Windows Server 2008」のサポート期間が1カ月を切った。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

2020年最初となる1月14日の月例更新を最後にサポートが終了することから、あらためて注意喚起が行われたもの。サポートが終了するとセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、脆弱性の修正が困難となる。

2014年にサポートが終了した「Windows XP」は利用者が多く、移行がまにあわないケースが一部で発生。さらに終了直後、危険性が高い脆弱性が判明し、急遽例外的にアップデートが提供されるなどトラブルも見られた。

「Windows 7」は「Windows XP」から移行した利用者も多い。また「Windows Server 2008」については、サーバという性質上、バージョンを意識せずに利用されている可能性もある。移行漏れの端末が組織内に存在していないか、あらためて確認したい。

(Security NEXT - 2019/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新
「Citrix ADC」などに深刻な脆弱性、パッチ未提供 - 早急に緩和策実施を
「PHP」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
サポート終了目前に「OpenSSL 1.0.2u」をリリース
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正