Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府

警察庁や総務省、経済産業省では、アクセス制御技術の研究開発情報を2020年1月24日まで募集している。

不正アクセス禁止法に基づき、公表する資料へ掲載するアクセス制御技術について募集を開始したもの。同法では毎年少なくとも1回、不正アクセス行為の発生状況と、アクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況を公表することとなっている。

募集するアクセス制御技術は、「侵入検知、防御技術」「脆弱性対策技術」「高度認証技術」「インシデント分析技術」「不正プログラム対策技術」「その他アクセス制御機能に関する技術」の6種類。

研究開発途中のものは含まず、実際に活用されている技術や、活用が可能な技術に限定されている。

締め切りは2020年1月24日必着。詳細は総務省や経産省のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
CMS「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートが公開
オムロン製「PLC」に複数の脆弱性
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
認証システム「Athenz」に脆弱性 - アップデートがリリース
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁
「Elasticsearch」脆弱性狙う攻撃が増加傾向 - 仮想通貨発掘目当てか