Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も

またPHPの実行環境に対する探索行為としては、同庁センサーにおいて稼働状況を表示する「phpinfo.php」へのアクセスを9月27日以降観測しているという。

こうした状況を受けて同庁では、PHPの稼働状況を確認し、必要に応じてアップデートを実施するよう注意を喚起。

脆弱性の影響を受けるバージョンを利用していた場合は、すでに攻撃を受けている可能性もあるとして、ファイルの改ざんや不正な通信、不正なプロセスの実行などが行われていないか確認するよう呼びかけている。

20191202_np_002.jpg
「phpinfo.php」へのアクセス状況(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性
全文検索システム「Apache Solr」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃のおそれも
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新