Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市

神奈川県平塚市の市議会議員が、同市職員だった際に個人情報を持ち出し、自身の選挙活動に利用したとされる問題で、同市は同市議を個人情報保護条例違反で刑事告発した。

同市議が、同市教育委員会社会教育部スポーツ課へ務めていた際、個人情報を含むファイルを不正に持ち出していたことが判明したもの。選挙に出馬した元職員から選挙はがきが送られてきたとする住民の指摘が4月17日に寄せられ、問題が発覚した。

同市は8月8日に調査結果を発表。同市議が在職中だった11月29日にのべ3万1429件、12月22日にのべ248件の個人情報を持ち出したと結論付けた。ただし、11月29日に関して元職員は持ち出しを否定しているという。

今回の問題を受け、同市議会では8月29日に同市議の辞職勧告決議を可決。責任の所在を明確化するため、同市長、副市長、教育長の給料を一部減額する条例改正を行った。

また市長が告発人となり、11月5日付で元職員で同市議を個人情報保護条例違反で告発した。

イベント申込者250人や、関係団体および公共施設予約システム登録団体の代表者2万1928人には9月に謝罪文を送付済みだとしている。

(Security NEXT - 2019/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院