Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院

徳島大学病院の医師が、海外出張中に盗難に遭い、患者の個人情報が保存されたパソコンなどが被害に遭ったことがわかった。

同大によれば、現地時間11月1日20時ごろ、同大学病院産婦人科の医師が出張先の海外で鞄を盗まる被害に遭ったもの。

持ち去られた鞄には患者の個人情報3217件が保存されたパソコンや、同大教職員の情報約1000件が保存された業務用携帯電話が入っていた。

情報の外部流出や、不正利用の事実は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能