Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社

食品や酒類の卸売業を展開する国分グループ本社は、同社をかたる「なりすましメール」が確認されているとして、注意を喚起した。

同社によれば、11月13日ごろより、送信者名に同社メールアドレスが表示されるよう設定し、同社から送信されたように見せかけた迷惑メールが出回っているという。

実際は別のメールアドレスより送信されており、こうしたメールのURLや添付ファイルを開くとマルウェアに感染するおそれがあると指摘。心当たりのないメールを受信した際に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
中部電力「カテエネ」に不正ログイン - ポイント交換申請など発生
niconicoにパスワードリスト攻撃 - 不正ログイン検出
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応