Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院

島根大学医学部付属病院の医師が、患者情報を保存した私物のUSBメモリを一時紛失していたことがわかった。電子カルテのデータは私物のUSBメモリに複製できないしくみだったが、自らデータを入力して持ち出していたという。

同大によれば、7月27日に開催された研究会で医師がスライドを試写した際、個人情報など含む私物のUSBメモリを紛失したもの。USBメモリ内のデータは、個人が特定できる状態でパスワードなども設定されていなかった。

USBメモリを所有する医師が、同院の別の医師に手渡し、試写が行われたが、その後所在がわからなくなっていたという。試写を行った医師はUSBメモリを返却したと思っていたが、研究会終了後にUSBメモリを所有する医師から返却するよう求められ、紛失に気が付いた。

両医師は、警察などに届けず、上長にも報告していなかったが、9月5日になってUSBメモリの所有者である医師に対し、拾得者から連絡があったことから担当教授へ報告。問題が明らかとなった。同院では9月14日にUSBメモリを回収。拾得者にデータをコピーしたり、外部へ漏洩していないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2019/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ
林間学校で個人情報を紛失、拾得者からの連絡で判明 - 大阪市
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
患者情報含む廃棄書類が運搬中に飛散 - 都内病院で
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市