Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、製造現場や屋外利用などを想定したセキュリティアプライアンス「Firebox T35-R」を発表した。

同製品は、マルウェア対策やIPS、DNSによるフィルタリング対策などのセキュリティ機能を利用できるUTM製品。

製造現場や屋外での利用を想定しており、IP64のキャビネット規格に準拠した防塵、防滴仕様の筐体を採用。摂氏マイナス40度から60度の環境で利用できる。

またIPSにおいて、産業制御システムにおける既知の脅威へ対応する「SCADA IPSシグニチャ」を提供。同社のクラウド管理プラットフォームより管理できる。

(Security NEXT - 2019/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
OTネットワークのリスク可視化サービス
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応