Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も

同社は不正ログインの対象となった顧客に対して個別に説明と謝罪を行い、IDやパスワードの変更を依頼した。不正に交換されたポイントについては返還するという。

またこれまでの調査は、不正ログインが行なわれている可能性の高い特定のプロバイダのメールアドレスを利用する約7万件の顧客を対象としてきたと説明。

今後はすべての登録者に調査対象を拡大し、不正ログインの被害に遭っている可能性がある顧客に対して個別に連絡を取る。

あわせてセキュリティ対策の強化として、12月よりログイン時の2段階認証を導入するとしている。

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
クレカ情報5.6万件含む個人情報42万件が流出した可能性 - イプサ
Amebaの約5万アカウントで不正ログイン - 8日間で試行回数は223万回超
会員約1.3万件の不正ログインが判明、個人情報取得が目的か - JR東日本
「ビックカメラ」で不正ログイン - ポイント利用被害も
PWリスト攻撃による不正注文被害 - トイザらス
通販サイト「セシール」で不正ログイン - 不正受注や個人情報改ざん
ニフティ子会社で3万件の不正ログイン被害 - 登録情報漏洩の可能性