Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も

中部電力の家庭向けウェブサービス「カテエネ」において、不正ログインの被害が発生した問題で、あらたに78件の被害が判明した。一部でポイントの交換も行われていたという。

同社では10月30日に、同月17日から28日にかけて第三者のなりすましによる不正ログインが顧客87件のアカウントで確認されたことを公表しているが、その後の調査であらたな被害を確認したもの。

8月21日から10月28日にかけて、あらたに78件のアカウントで不正ログインが行われていたことが判明した。

これまでもポイントの交換申請が確認されているが、今回のケースでは、62件で申請が行われ、16件であわせて1万9900ポイントが提携企業のポイントへと実際に交換されていた。いずれも8月、9月に発生していたという。

同社は、不正ログインに利用されたメールアドレスやパスワードは、同社以外で入手されたもので、同社経由の情報流出についてはあらためて否定している。

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
クレカ情報5.6万件含む個人情報42万件が流出した可能性 - イプサ
Amebaの約5万アカウントで不正ログイン - 8日間で試行回数は223万回超
会員約1.3万件の不正ログインが判明、個人情報取得が目的か - JR東日本
「ビックカメラ」で不正ログイン - ポイント利用被害も
PWリスト攻撃による不正注文被害 - トイザらス
通販サイト「セシール」で不正ログイン - 不正受注や個人情報改ざん
ニフティ子会社で3万件の不正ログイン被害 - 登録情報漏洩の可能性