Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増

キヤノンマーケティングジャパンは、ESET製品が9月に国内で検出したマルウェアの状況を取りまとめた。

9月の国内マルウェア検出数は、減少傾向にあった7月と8月から一転して増加。8月から34.6%増となった。直近6カ月を見ると、もっとも検出数の多かった6月に次いで高い水準となっている。

20191101_ca_001.jpg
国内における「HTML/ScrInject」の検出動向(グラフ:CMJ)

もっとも多く検出されたのは、不正スクリプトが挿入された「HTML/ScrInject」。全体の21.1%を占める。

ウェブサイトより意図せずリダイレクトされたり、マルウェアのダウンロード、不正広告の表示、ウェブ閲覧情報の窃取などの被害に遭う可能性がある。

同マルウェアは4月以降、検出数が増加傾向にあるが、特に8月から9月にかけては2.5倍以上に急増。国内にとどまらず、ワールドワイドでも検出数が大きく伸びたという。

(Security NEXT - 2019/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に