Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド

トレンドマイクロは、クラウドインフラ向けのセキュリティソリューションを展開するCloud Conformityを買収した。

Cloud Conformityは、2016年にオーストラリアで設立され、現在米国に本社を持つベンダー。クラウドインフラの状況を可視化し、設定ミスやコンプライアンス違反などを特定して自動的に修復するソリューションを展開している。

現在の対応プラットフォームは「AWS」。「Azure」についてはベータ版となっており、「Google Cloud Platform」に対しても対応予定としている。

買収額は約7000万米ドルで、同社の買収により、クラウド向けセキュリティ分野のポートフォリオを強化。買収後もCloud Conformityの全従業員はトレンドマイクロに所属し、引き続き開発を続ける。

(Security NEXT - 2019/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ