Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年のMS月例パッチ公開予定日は? - 要注意は8月

マイクロソフトは、2020年における月例セキュリティ更新プログラムの公開予定日を発表した。カレンダーに入力し、早めに対応計画を立てておきたい。

同社は、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」に製品の脆弱性やセキュリティ上の問題へ対処する「月例セキュリティ更新プログラム」を公開しており、2020年の具体的な日程を明らかにしたもの。日本時間は翌日となるため、第2水曜日あるいは第3水曜日となる。

2020年に日本時間において祝日と重なる公開予定日はない。ゴールデンウィークとも重ならないが、8月に関しては日本時間8月12日を予定しており、「盆休み」の夏期休暇と重なる可能性があるため、注意が必要だ。

一方、東京オリンピックが7月後半から開催される予定で、開催期間前後の祝日もあわせた7月23日から8月10日までの間に夏期休暇を設定した場合は、ちょうど公開日からはずれることになる。

のこる2019年11月、12月も含めた米時間における公開予定日は以下のとおり。カッコ内は日本時間の公開予定日。

2019年11月12日(2019年11月13日)
2019年12月10日(2019年12月11日)
2020年1月14日(2020年1月15日)
2020年2月11日(2020年2月12日)
2020年3月10日(2020年3月11日)
2020年4月14日(2020年4月15日)
2020年5月12日(2020年5月13日)
2020年6月9日(2020年6月10日)
2020年7月14日(2020年7月15日)
2020年8月11日(2020年8月12日)
2020年9月8日(2020年9月9日)
2020年10月13日(2020年10月14日)
2020年11月10日(2020年11月11日)
2020年12月8日(2020年12月9日)

(Security NEXT - 2019/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起