Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県

愛知県は、住民監査請求に関する公文書を開示した際、個人情報を黒テープでマスキングした状態の一部原本を誤って交付したことを明らかにした。

同県によれば、10月11日、住民監査請求に関する文書を請求者へ開示した際、本来ならば文書の写しを交付すべきものを、不開示情報を黒テープでマスキングした原本の一部を誤って交付したもの。

同月15日、請求者から開示した文書のうち9件が重複していると連絡があり、重複していた文書を回収したところ、黒テープでマスキングされた原本4件が含まれていたことが判明した。

これら書類は、黒テープをはがすと、個人の氏名のほか、特定の個人を識別できる部分、個人の印影、団体の印影など不開示情報が確認できる状態だったという。

今回の問題を受けて同県では、請求者と関係者に対し謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
キャッシュされた個人情報が表示される不具合 - カモ井加工紙
堺市の個人情報流出、あらたに561人分 - 有権者情報68万件の持ち出しも
マスキング処理にミス、個人情報が閲覧可能に - UR都市機構
「全交流電源喪失資料」にマスキング不備、関係者の個人情報漏洩 - 原子力安全委
成績情報記載の紙を再利用、一部判読可能に - 横浜市立中
滞納者情報など匿名化せずに誤って公開 - さいたま市
要介護認定申請書がひったくりで盗難 - 横浜市
オフィシャルマガジン送付時に個人情報が流出 - 大宮アルディージャ
昭和シェル、クレジット利用控えが盗難 - 不正アクセスにより発覚