Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例

政府は、台風19号により被災者の本人確認が困難な場合にも携帯電話が契約できるよう、携帯電話契約時の本人確認方法について時限的な特例を設けた。

携帯電話を契約する際、携帯電話事業者などによる契約者の本人確認が義務づけられているが、台風被害で書類が用意できないことも想定されるとして「携帯電話不正利用防止法」の法律施行規則の一部を改正し、特例を設けたもの。

今回の特例によって2020年4月30日までに限り、被災者が契約時に本人確認が困難な場合は、申告により本人確認が可能。通常求められる本人確認は可能となり次第行うこととした。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC