Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例

政府は、台風19号により被災者の本人確認が困難な場合にも携帯電話が契約できるよう、携帯電話契約時の本人確認方法について時限的な特例を設けた。

携帯電話を契約する際、携帯電話事業者などによる契約者の本人確認が義務づけられているが、台風被害で書類が用意できないことも想定されるとして「携帯電話不正利用防止法」の法律施行規則の一部を改正し、特例を設けたもの。

今回の特例によって2020年4月30日までに限り、被災者が契約時に本人確認が困難な場合は、申告により本人確認が可能。通常求められる本人確認は可能となり次第行うこととした。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
顔認証による空港搭乗手続きで個人データ取扱ガイド - 国交省
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%
偽「My SoftBank」に注意 - 「2020年より手続き必要」とだます手口
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上