Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS

BBソフトサービスは、セキュリティ対策ソフト「詐欺ウォール(Internet SagiWall)」の新版を直販サイトで販売開始した。

同ソフトは、ブラックリストやヒューリスティックにより、詐欺サイトを検知するセキュリティ対策製品。ブラウザ利用中に危険なサイトを検知するとアクセスをブロックする。

新版では、「Windows」の標準ブラウザとなる「Microsoft Edge」へ対応。「macOS」における「Safari」や「Google Chrome」向けのプラグインを用意した。

Android向けに提供されている「Instagram」や「Facebook Messenger」「Skype」のアプリ内ブラウザによる検知、ブロックが可能となった。

価格は、3台で1年間利用できるダウンロード版は3080円(税込み)。パッケージ版も用意している。

(Security NEXT - 2019/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも