Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金

建設関連技能者の処遇改善を目指して官民で推進する「建設キャリアアップシステム(CCUS)」においてデータ登録に不具合があり、一部建設元請事業者に他社の建設現場に関する技能者情報が流出したことがわかった。

「建設キャリアアップシステム」は、技能に対する公正な評価や、工事品質の向上に受けて、建設技術者の就業実績や資格を登録できるシステム。官民が連携して推進しており、建設業振興基金が開発、運営を行っている。

同基金によれば、8月9日から20日にかけて一部の元請事業者が自社現場の就業データを閲覧すると、本来表示されない他社の現場で就業した技能者の個人情報が閲覧できる状態となっていた。同月19日に元請事業者からの問い合わせがあり、問題が判明、翌20日にシステムを停止した。

「建設キャリアアップシステム」において、就業履歴回数に応じて生じる現場利用料の請求データを補正する作業を8月9日と13日に委託先が行ったが、2149件に誤った元請事業者名を付加するミスがあったという。

(Security NEXT - 2019/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県
ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市