Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vBulletin」に複数脆弱性、パッチが公開 - 前回より2週間弱で

「vBulletin」に関しては、9月23日にリモートよりコマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-16759」が明らかとなったばかり。

同脆弱性は調整なく公表されてゼロデイ状態へ陥り、脆弱性を悪用してバックドアを設置する攻撃なども日本国内において観測された。

その後アップデートがリリースされ、セキュリティ機関などからも早急に対応するよう注意喚起が行われたが、あらたに複数の脆弱性が判明したことで、利用者には再度アップデートが求められる。

「CVE-2019-17132」に関しては、デフォルトの設定では影響を受けないものの、修正パッチの公開にあわせて実証コードが公開されている。またSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2019-17271」についても影響を受けるAPIが示されており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2019/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
シューズ通販ショップに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性