Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vBulletin」に複数脆弱性、パッチが公開 - 前回より2週間弱で

「vBulletin」に関しては、9月23日にリモートよりコマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-16759」が明らかとなったばかり。

同脆弱性は調整なく公表されてゼロデイ状態へ陥り、脆弱性を悪用してバックドアを設置する攻撃なども日本国内において観測された。

その後アップデートがリリースされ、セキュリティ機関などからも早急に対応するよう注意喚起が行われたが、あらたに複数の脆弱性が判明したことで、利用者には再度アップデートが求められる。

「CVE-2019-17132」に関しては、デフォルトの設定では影響を受けないものの、修正パッチの公開にあわせて実証コードが公開されている。またSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2019-17271」についても影響を受けるAPIが示されており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2019/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定