Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」がスタート

JPCERTコーディネーションセンターは、「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」を開始した。賛同企業を募集している。

同イベントは、複数のオンラインサービスでパスワードを使い回すリスクを紹介し、パスワードの使い回しを避けるよう呼びかけるキャンペーン。

認証情報が流出し、パスワードリスト攻撃などが発生している現状を解説。注意点や安全なパスワードの設定方法のほか、2段階認証の活用や、ログイン履歴の確認といったセキュリティ機能の活用などを紹介している。

10月には消費税増税にともなうキャッシュレス・ポイント還元事業がスタート。便利な反面、アカウントを登録する機会が発生すると指摘。リスクを認識した上で利用する必要があるとして、対策を呼びかけている。

同キャンペーンは、10月31日まで展開する予定。JPCERTコーディネーションセンターでは、同キャンペーンの賛同組織についてもあわせて募集している。

(Security NEXT - 2019/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪府警のサイバー犯罪防止啓発で「モンハン」キャラが登場
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果