Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX

NTTテクノクロスは、メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail 7」に機械学習によって誤送信リスクを検知するオプションを10月30日より提供開始する。

同製品は、メールの送信前の再確認や、添付ファイルの暗号化機能を提供するソフトウェア。あらたに提供するオプションでは、機械学習を用いてメール誤送信のリスクを検知し、誤送信の防止を支援
する。

メール送信ボタンが押されたあとに、送信者の履歴から送信頻度を判定。はじめて送信する宛先や送信頻度が少ない宛先には警告を表示する。組織内でも送信頻度が少ない宛先の場合は同様に警告する。

また複数のメールアドレスに同報送信する場合、はじめて送るメールアドレスの組みあわせ、または頻度が少ないメールアドレスの組みあわせを検知する。

価格は100ユーザーあたり製品本体が年額16万円。「AI+」オプションが年額6万円。いずれも税別。

(Security NEXT - 2019/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応