Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応

NRIセキュアテクノロジーズは、B2C事業者向けにIDアクセス管理ソリューションの新版を提供開始した。

「Uni-ID Libra」は、コンシューマー向けウェブサービスを展開する事業者向けIDアクセス管理ソリューション。管理する顧客IDの統合や多要素認証、APIによる連携、プライバシー保護機能などを提供する。

新版では、EUの一般データ保護規則(GDPR)に対応し、個人情報の処理において、本人による明確な同意の取得、データの消去や取り扱いを制限するなどの権利を本人が行使できるよう機能の強化。データを暗号化して保存できるほか、エクスポート機能なども利用できる。

そのほか、認証サーバが「FIDO2」や「FIDO U2F」に対応。認証プロトコル「SAML」や、「マジックリンク」によるログインに対応した。

(Security NEXT - 2019/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援