Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター

国立国際医療研究センター病院は、委託先従業員が盗難に遭い、同院の手術予定リストが被害に遭ったことを明らかにした。

同院によれば、9月2日に委託先の従業員が、業務車両内に鞄を置いたまま、同社倉庫内で作業していたところ、車上荒らしに遭ったという。

持ち去られた鞄には、同院が手術の安全上、使用する機器を確認するために提供した手術予定リストが入っていた。

同リストには、7月30日から8月16日まで、整形外科で手術予定だった患者33人の氏名、年齢、性別、手術予定日、術式、執刀医の名字などが記載されている。

委託先では警察へ被害を届けた。同院では、対象となる患者に説明と謝罪を実施。委託業者へ情報を提供する際には、患者の氏名を加工するなどの対策を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院