Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ

AMDが提供するグラフィックプロセッサ「Radeon」のドライバに、特定条件下でリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

Cisco SystemsのTalosチームに所属する研究者が脆弱性を発見したもの。「ATIDXX64.DLL」のシェーダー機能にリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-5049」が存在するという。

同脆弱性は、「Radeon RX 550」および同シリーズを導入したWindows端末上で「VMWare Workstation Pro」を利用している際に影響を受ける。

ゲストマシンで共有されるドライバにおいて境界外のメモリに書き込むことが可能となり、ホストの権限でコードの実行が可能になる。

脆弱性を発見した研究者は5月8日にAMDへ報告。AMDでは脆弱性を修正するパッチを9月16日にリリースした。OEM製品については提供元へ問い合わせるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み