Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース

リコー製のプリンタや複合機に複数の脆弱性が明らかとなった。リモートよりコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがあるという。

複合機「SP C250SF」「SP C252SF」やカラーレーザープリンタ「SP C250DN」「SP C252DN」に「CVE-2019-14300」をはじめ、バッファオーバーフローの脆弱性4件が明らかとなったもの。

「HTTP」のパラメータやCookieヘッダ、「LPDパケット」などの解析処理に脆弱性が存在。脆弱性を悪用されると、リモートより任意のコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

これら脆弱性は、いずれもリコーが周知を目的に情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

各製品向けに脆弱性を修正したファームウェアがリリースされており、アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大