Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と

やや不自然な言い回しが散見されるフィッシングメールの本文では、公式アカウントから警告メッセージが届いた場合も、自分の操作に起因するものであるなどとだまし、無視して作業を進めるよう指示。

さらに「認証有効期限」などとしてビジネスアワーにリンクへアクセスするよう求めていた。メールによって指定する時間が異なる場合があり、入力を待ち構える攻撃者の稼働時間帯である可能性もある。

また一部はHTMLメールを利用し、閲覧者側の表示には影響が出ないようにしつつ、本文に無意味な文字を多数挿入していた。

具体的には、ブランド名が「LqINrE」「cLwINE」となっていたり、「異常ロjグイン」「アカウeント」といった文字列となっており、セキュリティ対策製品による解析や検知を避ける狙いがあると見られる。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る