Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マザーボード管理チップに脆弱性「USBAnywhere」が判明 - 影響機器がネット上に5万台弱

攻撃者は、リモートより脆弱性の悪用することが可能。トラフィックに含まれる「BMC」の認証情報を取得し、ソフトウェアによるUSBデバイスのエミュレートなどを通じて、システムの制御を奪取できると説明している。

具体的には、攻撃者が用意したOSのイメージを読み込ませるほか、サーバの設定変更、マルウェアの埋め込み、デバイスの無効化、データの窃取などが行われるおそれがある。

脆弱性を発見したEclypsiumでは、6月にSupermicroへ脆弱性を報告。その後脆弱性への対処が進められ、Supermicroではアップデートの提供を開始した。

一時的な緩和策として、インターネットに公開されていない独立したプライベートネットワーク上でBMCを利用することや、外部と通信するTCP 623番ポートをブロックすることなどを挙げている。

(Security NEXT - 2019/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み