Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに

IT関連チームがセキュリティ管理に費やす時間は、業務時間の26%で、1カ月あたり約1週間をセキュリティの管理にあてている。日本はやや低い19%だった。

必要とされるセキュリティスキルを持った人材の確保は、79%が難しいと考えており、やや低いものの、日本も76%にのぼっている。

最大のセキュリティリスクは何か尋ねたところ、75%がソフトウェアエクスプロイト、パッチが適用されていない脆弱性、ゼロデイ脅威と回答。フィッシングは50%、サプライチェーンとの回答は16%にとどまった。

20190902_so_002.jpg
必要なセキュリティスキルを持つ人材の採用が難しいとの回答した割合(グラフ:Sophos)

(Security NEXT - 2019/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高