Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告

就職情報サービス「リクナビ」を提供するリクルートキャリアが、就活生の内定辞退予測率を企業に販売していた問題で、個人情報保護委員会は同社に対して是正勧告を行った。

同社では、就活生によるウェブサイト上の行動ログをAIで解析。内定を辞退する確率を予測して企業に提供するサービス「リクナビDMPフォロー」を提供していたが、第三者へ提供することを事前に同意を得ていなかったことが判明。サービスを廃止した。

同問題を受けて個人情報保護委員会では調査を実施。大量に扱う就活生の個人情報について、人生に左右しうる重大な責務を負っており、くわえて委託を受けた個人情報も扱っており、これらを適切に区分せず、安全に管理されていなかったと指摘。

くわえて、プライバシーポリシーの改訂時における手続き不備により、個人データを第三者へ提供する際、同意を得ていない状況となっており、こうした問題の予防や発見、修正する体制がなく、個人情報保護法に違反していたと結論付けた。

同委員会では同社に対し、個人情報保護法に基づき是正勧告を行い、組織体制の見直しや、経営陣をはじめとする意識改革などを求め、今後検討する新サービスについて適切に個人データを取り扱うよう設計、運用するよう要請。9月30日までに、具体的な措置の内容を報告するよう求めた。

(Security NEXT - 2019/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅建業者情報提供システムが3カ月半ぶりに再開 - 東京都
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市
特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市
宅建業者の情報提供システムに再び不正アクセス - 東京都
高技専で入学願書を誤廃棄、移転作業時に - 大阪府
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市