Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Mojave 10.14.6 Supplemental Update」をリリース

Appleは、7月にリリースした「macOS Mojave 10.14.6」向けに「同Supplemental Update」を公開した。

今回のアップデートは、複数のバグに対処したほか、カーネルにおいて解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-8605」を修正。「macOS Mojave 10.14.5」にて修正が行われたが再度対処した。

同脆弱性については、「iOS」のジェイルブレイクに利用できることから、「iOS 12.3」で修正されたが、7月に公開された「iOS 12.4」で再発。「同Supplemental Update」と同時に公開された「iOS 12.4.1」で修正されている。また「tvOS」においても同様の脆弱性が判明しており、「tvOS 12.4.1」がリリースされた。

(Security NEXT - 2019/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正
監視ツール「Nagios XI」にアップデート - 複数脆弱性を修正
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も