Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK

綜合警備保障(ALSOK)は、サイバー関連のインシデント発生時に協業するセキュリティベンダーへ取り次ぐ「ALSOKインシデント相談窓口サービス」を提供開始した。

同サービスは、同社の情報警備監視センターが窓口となり、サイバー攻撃を受けた契約者へ連携するベンダーを紹介するもの。機密保持契約を締結する基本登録は無料。取り次ぎ後のインシデント対応やフォレンジック対応などは有償サービスとなる。

また平時には、メール訓練サービスや、講演サービス、セキュリティ診断、月次レポートなどを有償で提供する。

まずは地域の金融機関を対象にサービスを展開。同社では、2019年度末までに200件の契約を目指している。

(Security NEXT - 2019/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム