Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供

JSOLとブロードバンドセキュリティは協業し、パブリッククラウドの導入とセキュリティ対策をワンストップで提供するサービスを共同で開発する。

今回の協業により、パブリッククラウド上のシステム構築と運用保守、セキュリティ対策をワンストップで提供するサービスを提供。2021年度に40億円の売り上げを目指すとしている。

このほか、24時間体制で不正アクセスの監視、対応を行うSOCを拡大。国内での2拠点化を進め、2020年度のサービス開始を目指す。

また、CSIRTの構築や運用を支援するサービスを提供するほか、システム開発のフェーズにセキュリティの観点を取り入れる「シフトレフト」の支援サービスや、SIEMの構築支援、脆弱性診断、インシデント発生時の駆けつけサービスなども提供していく。

(Security NEXT - 2019/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個人情報含む調査関係書類を紛失 - 千葉県
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
「IE」脆弱性に対するゼロデイ攻撃、国内でも
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市